みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

むし歯について

むし歯は、歯の表面が酸によって溶かされることによって始まります。
実際、歯の表面では、食事の度にカルシウムなどが溶け出しています(脱灰)。
食事をすると口の中が酸性になるからです。
しかし、健康な唾液が十分にあると、溶けた歯の表面を唾液中のカルシウムが戻ってきて自動的に修復してくれます(再石灰化)。
そしてその度に、歯の表面のエナメル質は熟成し硬くなっていくのです。
さらに唾液は、口の中にいる細菌がつくる酸を中和したり、毒素を分解したり汚れを洗い流してくれたりしているのです。

子供の歯は十分に熟成していません。
軟らかく抵抗力が弱いので、虫歯になりやすいのです。
子供のむし歯の多くは、噛む面や歯と歯が接している場所から起こります。
大人になると歯が熟成して硬くなり、比較的むし歯になりにくくなります。

しかし、高齢者では歯茎がやせて、硬いエナメル質が覆われていない根の部分が露出してきます。同時に歯と歯の間のすき間が広くなり、汚れが溜まりやすくなります。

さらに年を撮ると、唾液量が減り口腔内の防御能力が低下するので、歯茎に近い弱い部分がむし歯になりやすくなります。



小さなむし歯は患部を削って詰め物をし、修復します。
ところが多くの場合、治した部分の周囲がまたむし歯になってきます(二次う蝕)。
そして、大きなむし歯になってしまうと、歯の神経を取ってかぶせるような治療になります。
その後またむし歯になると被せ物が取れたり、歯茎が腫れたりします。

むし歯になる原因を取り除いていないと、こうした二次う蝕を繰り返してしまいます。
むし歯の治療をした後も定期健診を行う子とで、そのリスクを減らすことができます。




JUGEMテーマ:健康
 
あなたのいびきは大丈夫?

いびきと呼吸停止も突然死の原因のひとつに

突然死の原因のひとつに睡眠時の呼吸が一時的に停止する『睡眠時無呼吸症候群』が関与するといわれています。
この
睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害の重要な疾病として取り上げられています。
睡眠時にいびきを伴う呼吸障害として、上気道の狭窄や閉塞、骨格性開咬、小下顎症、舌の相対的肥大、舌根の沈下など形態のうえでのいくつかの特徴がみられます。
最近は生活習慣病と関連して肥満の体質にみられ、大いびきとともに口や鼻からの換気が停止し、いびきが無呼吸を引き起こすといわれています。


なぜいびきをかく?突然の眠気にも注意!
いびきの原因としては、鼻、鼻喉腔、咽喉などの疾患、歯科では咬み合わせの不正、下顎が小さい、舌が大きいなどがあげられます。
最近は食生活が欧米化し、アルコール類の常飲に伴い、肥満者が増加して、いびき症状が増えています。
長期間にわたっていびき症状が持続すると、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病のほかに、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす場合があります。


治療法は、横向き就寝、鼻呼吸、そして減量
治療法としては、体重の減量で食生活や運動療法を含めての減量。
睡眠時の体位としては、仰向け寝では舌が沈んで気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。
横向きでの就寝をお勧めします。
口呼吸の人は上気道が狭くなるので、鼻で呼吸するようにします。


歯科の分野では、就寝時にマウスピースを使用する療法が用いられます。

まずは耳鼻咽喉科で上気道異常のチェックをしてもらい、呼吸器内科、心療内科などとも連携し、治療を進めていくことでいびきの改善がみられていくものと思われます。



























JUGEMテーマ:健康
 
入歯のお手入れはとても大切
ものを噛むと入れ歯も汚れます。
汚れをそのままにしておけば口の中が不潔になって、部分入れ歯なら他の健康な歯に虫歯ができやすくなります。
また、総入れ歯の人でも口臭の原因になるなど口腔衛生上よくない影響があります。
総入れ歯を何日も外さないでいると、義歯床と歯肉の間に食べ物のかすなどがたまり、いやな臭いを放ちます。
さらに放置すると歯肉に炎症が起こり、義歯性口内炎にまで進みます。
義歯性口内炎になると歯肉が敏感になって、ちょっとした摩擦で痛んだりします。
取り外しのできる入れ歯は、毎食後必ず洗う習慣が大切です。
丁寧に水洗いし、ハブラシで隅々まで汚れを落とします。
また、義歯のプラスチックは目に見えない細かい穴があります。そこに入り込んだ汚れを完璧に落とす為には、入れ歯洗浄剤が効果的です。
義歯を支えている歯肉や、バネを引っ掛けている歯は汚れやすく、その歯根にもより多くの負担がかかっているのです。




義歯の安定が悪いのは義歯が合っていないからです。義歯の調整せずに義歯安定剤に頼っていると、歯茎がやせたり、あごの骨に負担がかかったりして、よくない結果を招くことがあります。
そのような状態にならないように、早めに受診するようにしましょう。







JUGEMテーマ:健康
 
意外と知られていない歯の役割

歯の働きでいちばん大切なのは、食べ物を噛み砕き、消化しやすい形にすることです。
そのために、『歯は単なる道具だから、古くなったり痛んだりすれば、取り替えればいい。年をとれば、歯は自然と悪くなり、抜けていくのは当然だし、入れ歯を入れればいい』と考えがちです。

確かに、歯は噛むための大切な道具です。しかし、歯の役割はそれだけではありません。

言葉をしゃべるという、人間にとって重要なコミュニケーションにおいて、歯は欠かせない役割を担っています。
歯が欠けたり、なかったりすると、発音がはっきりせず、言葉が伝わりにくくなります。

次の図表で示した部分は、『母音の三角形』といって、口の中で言葉の基本要素である『a』『i』『u』という音をつくる場所です。




この母音を出すところに何かが入ったり、口の中が狭くなったりすると、発音が悪くなります。

母音ですから、すべての言葉に影響が出るといってもいいでしょう。
入れ歯が、その障害の典型です。

入れ歯の歯の部分を支えているところが薄く、ぴったり張り付いていればまだいいのですが、厚いと母音の三角形に障害が起こります。
入れ歯を入れると発音がしにくくなるのはこのような理由があるのです。

また、運動面でも、歯は体のバランスをとったり、運動するときにも重要な役割を果たしています。

歯は単なる噛むための道具と考え、自分の歯を失う、入れ歯になるということをあまり切実な問題として考えない人が多いのは、歯が噛むこと以外にどんなに体にとって重要な働きをしているかを知らないからです。

全身的な健康を保つ意味でも、自分の歯をいつまでも持ち続け、食事の時にはしっかり咀嚼することが大切なのです。









JUGEMテーマ:健康