みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリスマス&12月生まれのお誕生会のお知らせ
12月のみわきっずセミナーのお知らせです。

今回は12月のお誕生会とクリスマス会を一緒に行ないます。
0歳〜6歳までの子供さんであればどなたでも参加いただけます。
お友達を誘ってぜひ遊びにいらして下さい。
サンタさんから素敵なプレゼントがあるかも?ですよ!






JUGEMテーマ:健康

みわきっずfacebookもチェックです!  


 
みわきっず親子セミナーのお知らせ
『みわきっず』では毎月お誕生会を開いています!
歯みがきの歌や絵本の読み聞かせなどを予定しております。
ご参加いただいた皆さんにはプレゼントもご用意しております。
まだ『みわきっず』にいらしたことのない子供さんでもご参加頂けますので、
是非この機会に楽しい『みわきっず』を体験してみてはいかがでしょうか?

参加費は無料となっております。
みんなで楽しく11月生まれのお友達をお祝いしましょう!!






みわきっずfacebookもチェックです!  



JUGEMテーマ:健康
フッ素ってどうして歯にいいの?
子供達の萌出した直後の歯は、まだエナメル質が完全ではありません。

歯が萌出したあと、唾液中のカルシウムイオンが不完全な部分に取り込まれて、エナメル質が強くなっていきます。

フッ素を歯の表面に塗ると、カルシウムの代わりに、フッ素がエナメル質の不完全な部分に早く取り込まれて、早期にエナメル質を強くすることができます。

また、初期のむし歯におかされた白濁部(エナメル質の結晶がこわれかかった部分)にもフッ素が取り込まれ、ふたたび再結晶化してむし歯の進行を阻止します。

フッ素は自然界にある元素の一つで、お茶などに微量に含まれているものです。
歯や骨をつくるために欠かせない役割を果たしており、むし歯予防にも高い効果を発揮します。
現在、日本で販売されているハミガキ剤の約90%はフッ素が配合されています。
また歯科医院などでは、フッ素を使った洗口や塗布を受けられます。
ちなみに、アメリカやオーストラリアなどでは、水道水にフッ素を添加して、日常的に摂取できる工夫をしています。





 子供さんに
子供さんのフッ素塗布は大変重要です。
歯がむし歯に侵されやすい未成熟な状態なので、フッ素を定期的に塗ることで強い歯を作りましょう。

 妊娠中の方に
母から子へ口移しで食べ物を与えることは、同時に母親の口の中の菌も子供に移すことになります。
妊娠中からフッ素などでむし歯菌を減らしましょう。

 ミドルエイジに
一般的に歯周病がもっとも進行しやすい年代です。
歯と歯の間に隙間があいて、プラークが溜まりむし歯ができやすくなります。
フッ素で予防しましょう。

 シルバーエイジに
歯茎がやせてきて、歯の根元のセメント質が露出しやすくなります。
ここは大変むし歯になりやすいので、フッ素で強化しておくことが特に大切です。







JUGEMテーマ:健康
 
親から子供へのむし歯感染
母親にむし歯が多いと子供もむし歯になりやすいといわれていますが、本当でしょうか?


むし歯の原因は、むし歯菌と各個人の持っている虫歯のなりやすさなりにくさと、生活環境から成り立っています。
むし歯菌は、主に生活を共にする保育者から子供へ感染するといわれています。

一般的に人の口の中には約500種類の細菌が存在していますが、この中で善玉といわれる細菌は、口の中へ悪い菌が入り込むとそれを食べるなどして、口の中の環境を整えようとしてくれます。
一方、悪玉といわれる菌の一つである虫歯菌は、糖分を食べてプラーク(歯垢)を作り、これが出す酸によって歯という硬い組織を溶かし、むし歯になります。
このむし歯は、はじめの頃は歯の色が白濁色や黒褐色を呈する程度ですが、放っておくと次第に溶けて穴があきます。
そこに食べ物が詰まったりすると、痛みを感じるようになり、最終的には歯髄(神経)まで侵されてしまいます。むし歯はむし歯菌による感染症なのです。

では、『いつ、どこで』むし歯菌に感染するのでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はいません。
ミュータンス菌は、歯などの硬い組織に付着するのが得意な細菌で、乳歯の生え始まる頃から感染します。
これは離乳食が始まり、母親が自分のスプーンで食べさせたりする日常生活から起こってきます。
つまり、母親の口の中が汚れていて、子供に食べやすいように噛んだ食片を与えたりすると、むし歯菌も同時に与えてしまうことになります。
むし歯菌はいったん定着すると、ハミガキだけでは取り除くことが困難な場合があります。

母親から子供への食べ物を介してのスキンシップは大変重要なことです。子供のむし歯予防の為には、周りの大人達も口の中をきれいに心がけていきましょう。