みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 意外と知られていない歯の役割 | main | 冬休み親子セミナーのお知らせ >>
歯石とはどんなもの?

歯石はどうしてできるのでしょうか?
なぜ歯によくないのでしょうか?

歯の裏や根元などに固くくっつく歯石は、もともとは歯垢です。

歯垢の中のいろいろな細菌が歯磨きなどでとりのぞかれなかった時、唾液の中の成分と結合して石灰化します。

歯垢の中の細菌はほぼ2週間くらいで石灰化します。
そしてひとたび石灰化がはじまると、そのまわりにまた細菌が群がってさらに石灰化し、歯石はますますがっちりと歯の外側を固めていきます。

歯石は、歯の根元近くにやや黄色みを帯びて固まりますが、その時、歯の根元の歯肉に囲まれた部分、つまり外からは見えない部分に、より強固な歯石がついていることが多いです。
そして、これは歯周病を悪化させます。

ですから、歯周病の治療にも予防にも定期的に歯石を取り除く必要があります。






JUGEMテーマ:健康
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://miwaki.jugem.jp/trackback/187
TRACKBACK