みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 歯周病のなぜ?2 | main | 歯周病と生活習慣病 >>
万病の予防、うがい

うがいは風邪の予防や、のどの痛みを和らげるだけでなく、口の中の悪い細菌を除去し、清潔にする効果があります。
うがい薬を上手に使って口腔の環境を整えましょう。



 うがいの効果
うがい薬というとふつうは、風邪をひいたり、のどが痛むときに、咽頭や扁桃といった上気道炎症の緩和に用いられますが、口内炎、抜歯後の感染予防、口腔の消毒や洗浄などの目的でも使われています。
一般的には、ポビドンヨード、アズレン、2%重曹水、オラドールなどが用いられています。

外に出て帰ってきたときは、よく『うがい』をすることが大切だといわれます。
口の中には200種以上の細菌が生息しており、適切な条件でいる限り私達の身体をむやみに攻撃したりすることはありません。



 口の中の細菌を除去
口の中で生息している細菌には、歯や歯肉のまわりに付着する細菌がいます。
これを歯垢(プラーク)といいます。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://miwaki.jugem.jp/trackback/198
TRACKBACK