みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『噛み癖』があるって本当? | main | 入歯のお手入れはとても大切 >>
ハブラシ、どんな違いがあるの?
ハブラシは口や歯の大きさ、歯並び、部位に合わせて、ヘッドの幅や長さ、形状にたくさんの種類があります。
毛の硬さはの多くは『ふつう』ですが、『やわらかめ』や『かため』もあるので、歯や歯茎の状態に合わせて選びましょう。
ハンドルは握りやすさや動かしやすさなど、握ったときの好みのフィット感に合わせて選ぶといいでしょう。

 毛の硬さについて
『ふつう』は一般的な硬さで効率よく歯垢を除去します。
『やわらかめ』は歯茎に炎症や出血がある時など、歯茎に負担をかけないようにします。
『かため』はしっかりした磨き心地が好きな方が
好まれますが、逆に歯茎に負担をかける場合がありますので、力の入れ過ぎなどに注意が必要です。

 ペングリップがおすすめ!
歯を磨く時は、力を入れ過ぎないことが大切です。鉛筆を持つような『ペングリップ』なら、余計な力が入らずに、丁寧に磨くことができます。
ハブラシの毛先がすぐに開いてしまう人やゴシゴシ磨きがちな人は持ち方を変えてみましょう。



 ハブラシ選びのポイント
ハブラシは大きすぎても小さすぎても、清掃効果が低くなってしまいます。
ヘッドは歯並びや口の大きさにあったサイズを硬さは歯茎の状態に合わせて選びましょう。


 ハブラシの交換時期は?
ハブラシの毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなり、歯垢を落としにくくなるうえ、歯茎を傷つけたりすることも。
たとえ毛先が開いていなくても、長い間使用していると、毛に弾力がなくなり、汚れを落とす力が弱まります。交換の目安は1ヶ月に1本です。












JUGEMテーマ:健康
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK