みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ハブラシ、どんな違いがあるの? | main | あなたのいびきは大丈夫? >>
入歯のお手入れはとても大切
ものを噛むと入れ歯も汚れます。
汚れをそのままにしておけば口の中が不潔になって、部分入れ歯なら他の健康な歯に虫歯ができやすくなります。
また、総入れ歯の人でも口臭の原因になるなど口腔衛生上よくない影響があります。
総入れ歯を何日も外さないでいると、義歯床と歯肉の間に食べ物のかすなどがたまり、いやな臭いを放ちます。
さらに放置すると歯肉に炎症が起こり、義歯性口内炎にまで進みます。
義歯性口内炎になると歯肉が敏感になって、ちょっとした摩擦で痛んだりします。
取り外しのできる入れ歯は、毎食後必ず洗う習慣が大切です。
丁寧に水洗いし、ハブラシで隅々まで汚れを落とします。
また、義歯のプラスチックは目に見えない細かい穴があります。そこに入り込んだ汚れを完璧に落とす為には、入れ歯洗浄剤が効果的です。
義歯を支えている歯肉や、バネを引っ掛けている歯は汚れやすく、その歯根にもより多くの負担がかかっているのです。




義歯の安定が悪いのは義歯が合っていないからです。義歯の調整せずに義歯安定剤に頼っていると、歯茎がやせたり、あごの骨に負担がかかったりして、よくない結果を招くことがあります。
そのような状態にならないように、早めに受診するようにしましょう。







JUGEMテーマ:健康
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://miwaki.jugem.jp/trackback/203
TRACKBACK