みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 歯周病とアレルギー性鼻炎 | main | よく噛んでアンチエイジング >>
おたふく風邪も口の中の病気?
口の中というのは複雑かつデリケート。
ちょっとしたきっかけで
いろいろな病気が発生します。

耳の下あたりが腫れる病気で、おたふく風邪というのがあります。
正しくは耳下腺炎といって、耳のしたにある耳下腺炎が炎症を起こす病気です。
この耳下腺炎というのは、実は口の中に唾液を分泌する為の唾液腺のひとつなのです。

唾液腺は、主なものでは耳下腺、顎下腺、舌下腺の三つがあり、その他に小さなものがたくさんあってこれが口の中に唾液を送り出しています。
そしてこの唾液が私達の口の中を健康に保ち、また消化を助けてくれているのです。
ですから唾液腺が病気になると、口の中の健康も保てなくなるし、食べ物の消化にも支障をきたします。

耳下腺炎は主として、子供の病気ですが、慢性の唾液腺炎は大人がかかります。
また炎症の副産物として唾液腺に石ができて痛む唾石症、唾液の分泌に支障が起きる唾液腺ののう胞などがあります。




また、唾液の分泌が少なくなる口腔乾燥症はドライマウスともよばれ、何らかの原因で脱水症状を起こした時や、糖尿病に伴うものなど、いろいろなケースがあります。



 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://miwaki.jugem.jp/trackback/213
TRACKBACK