みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< フッ素ってどうして歯にいいの? | main | みわきっず親子セミナーのお知らせ >>
むし歯について

むし歯は、歯の表面が酸によって溶かされることによって始まります。
実際、歯の表面では、食事の度にカルシウムなどが溶け出しています(脱灰)。
食事をすると口の中が酸性になるからです。
しかし、健康な唾液が十分にあると、溶けた歯の表面を唾液中のカルシウムが戻ってきて自動的に修復してくれます(再石灰化)。
そしてその度に、歯の表面のエナメル質は熟成し硬くなっていくのです。
さらに唾液は、口の中にいる細菌がつくる酸を中和したり、毒素を分解したり汚れを洗い流してくれたりしているのです。

子供の歯は十分に熟成していません。
軟らかく抵抗力が弱いので、虫歯になりやすいのです。
子供のむし歯の多くは、噛む面や歯と歯が接している場所から起こります。
大人になると歯が熟成して硬くなり、比較的むし歯になりにくくなります。

しかし、高齢者では歯茎がやせて、硬いエナメル質が覆われていない根の部分が露出してきます。同時に歯と歯の間のすき間が広くなり、汚れが溜まりやすくなります。

さらに年を撮ると、唾液量が減り口腔内の防御能力が低下するので、歯茎に近い弱い部分がむし歯になりやすくなります。



小さなむし歯は患部を削って詰め物をし、修復します。
ところが多くの場合、治した部分の周囲がまたむし歯になってきます(二次う蝕)。
そして、大きなむし歯になってしまうと、歯の神経を取ってかぶせるような治療になります。
その後またむし歯になると被せ物が取れたり、歯茎が腫れたりします。

むし歯になる原因を取り除いていないと、こうした二次う蝕を繰り返してしまいます。
むし歯の治療をした後も定期健診を行う子とで、そのリスクを減らすことができます。




JUGEMテーマ:健康
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://miwaki.jugem.jp/trackback/218
TRACKBACK