みわき歯科の最新情報をこちらでお届けいたします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

親から子供へのむし歯感染
母親にむし歯が多いと子供もむし歯になりやすいといわれていますが、本当でしょうか?


むし歯の原因は、むし歯菌と各個人の持っている虫歯のなりやすさなりにくさと、生活環境から成り立っています。
むし歯菌は、主に生活を共にする保育者から子供へ感染するといわれています。

一般的に人の口の中には約500種類の細菌が存在していますが、この中で善玉といわれる細菌は、口の中へ悪い菌が入り込むとそれを食べるなどして、口の中の環境を整えようとしてくれます。
一方、悪玉といわれる菌の一つである虫歯菌は、糖分を食べてプラーク(歯垢)を作り、これが出す酸によって歯という硬い組織を溶かし、むし歯になります。
このむし歯は、はじめの頃は歯の色が白濁色や黒褐色を呈する程度ですが、放っておくと次第に溶けて穴があきます。
そこに食べ物が詰まったりすると、痛みを感じるようになり、最終的には歯髄(神経)まで侵されてしまいます。むし歯はむし歯菌による感染症なのです。

では、『いつ、どこで』むし歯菌に感染するのでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はいません。
ミュータンス菌は、歯などの硬い組織に付着するのが得意な細菌で、乳歯の生え始まる頃から感染します。
これは離乳食が始まり、母親が自分のスプーンで食べさせたりする日常生活から起こってきます。
つまり、母親の口の中が汚れていて、子供に食べやすいように噛んだ食片を与えたりすると、むし歯菌も同時に与えてしまうことになります。
むし歯菌はいったん定着すると、ハミガキだけでは取り除くことが困難な場合があります。

母親から子供への食べ物を介してのスキンシップは大変重要なことです。子供のむし歯予防の為には、周りの大人達も口の中をきれいに心がけていきましょう。








 
みわきっず親子セミナーのお知らせ
 

みわきっず親子セミナーのお知らせです。
今回は4組限定になっております。先着順ですので、参加ご希望の方はお早めにご予約下さい。
参加費は無料です。
どうぞよろしくお願い致します。

よく噛んでアンチエイジング
子供の頃、食事の際に親から『口に食べ物をを入れたら30回噛みなさい』と言われたことはありませんか?
私達はとくに意識することなく、毎日歯で食べ物を噛んでいます。
噛むことはもちろん食べ物を細かく砕く為の行為ですが、単にそれだけにとどまらず、噛むこと自体が体の健康に豊かな食文化の為に役立っているのです。

 認知症にならないためによく噛む
物を食べる際によく噛むことは、食べ物を味わうためにも、胃から腸にかけての消化器系の負担を少なくするためにも大切なことです。
日常生活においては、噛むことに慣れているので、噛むことは当たり前のことと誰もが思っています。
しかし、何かの理由で歯がなくなると食べ物を十分に咀嚼することができません。
そのため血液循環が悪くなり脳への刺激が働かなくなります。
また栄養も十分に摂れないため活力がつかず、精神的にも無気力になりがちです。

このように物をよく噛まないということは、単に食べ物の味がわからない、おいしく食べられないというだけでなく、、全身的にさまざまな病気の誘因となります。
逆にいえば歯があってよく噛めるということは、健康で文化的な生活が送れるということにもなるでしょう。

おたふく風邪も口の中の病気?
口の中というのは複雑かつデリケート。
ちょっとしたきっかけで
いろいろな病気が発生します。

耳の下あたりが腫れる病気で、おたふく風邪というのがあります。
正しくは耳下腺炎といって、耳のしたにある耳下腺炎が炎症を起こす病気です。
この耳下腺炎というのは、実は口の中に唾液を分泌する為の唾液腺のひとつなのです。

唾液腺は、主なものでは耳下腺、顎下腺、舌下腺の三つがあり、その他に小さなものがたくさんあってこれが口の中に唾液を送り出しています。
そしてこの唾液が私達の口の中を健康に保ち、また消化を助けてくれているのです。
ですから唾液腺が病気になると、口の中の健康も保てなくなるし、食べ物の消化にも支障をきたします。

耳下腺炎は主として、子供の病気ですが、慢性の唾液腺炎は大人がかかります。
また炎症の副産物として唾液腺に石ができて痛む唾石症、唾液の分泌に支障が起きる唾液腺ののう胞などがあります。




また、唾液の分泌が少なくなる口腔乾燥症はドライマウスともよばれ、何らかの原因で脱水症状を起こした時や、糖尿病に伴うものなど、いろいろなケースがあります。